Photo by rawpixel.com from Pexelsバイ クリフ・スティーブンソン, 主席アナリスト, タレントマネジメントと労働力管理, ブランドンホールグループ

Brandon Hall Group completed its 2018 ウェルネス & ウェルビーイング研究 in March of 2018, and in the course of reviewing that research, I thought it might be a good time to revisit some of the predictions based on our 2017 research to see how well I anticipated workforce needs for this year.

Here is what I wrote at the time:

技術の面では, すでにスタンドアロン製品として提供されている幸福のソリューションがあります, そして幸福モジュールやアドオンは、主要なHCMスイートのほとんどのために存在します. これらの製品は拡大していきます, そしてそれらの技術から集めたデータと分析は、プログラムの両方の対策の有効性に他のHCMのデータと統合するために開始されます, 保持原動力への洞察を提供するために, 内部の動き, 多様性と包含と. 今、このデータの一部を使用するいくつかの法的な障壁があります。, しかし、州レベルの例は、すでにビジネスレベルの意思決定のための個人的なデータをより倫理的な使用のための道をクリアするために始めています, 今後2年間に継続されますどの.

The legal questions are still being sorted out in U.S. and international courts, 確かGDPR, which took initial effect in May of 2018, had an impact on the data gathered using this technology. But there is still much to discover in that area.

What is being discovered is in the space where well-being meets diversity and inclusion. Listening to Arlene Cash from Carolinas HealthCare during Brandon Hall Group’s 2018 HCM Excellence event, I was fascinated by their efforts to provide authentic experiences to their employees to help them understand the impact low incomes and low-income areas have on employees. キャロライナ・ヘルスケアは、貧困シミュレーションなどのアクティビティを設定しました, bus trips to grocery stores in low-income areas and group learning on cultural biases. それは彼らの文化的コンピテンシーアウトリーチの一環として起こっていたことの多くはまた、幸福の重要な分野の多くが含まれていることに私を襲いました: 社会的適応, 金融ウェルビーイング, そして、コミュニティの関与.

That’s part of what makes well-being so much more than the transactional activities associated with traditional benefits and wellness; well-being crosses over into what is commonly described as the “employee experience,今日の若いのためのすべての重要である」という概念, より多くのハイテクネイティブ (だけでなく、やや孤立) 労働人口. It is no surprise that well-being is becoming one of the hottest topics in HCM at the moment. Nothing defines the future of work quite like it.

- クリフ・スティーブンソン, (ツイッター: @CliffordDarrell) 主席アナリスト, タレントマネジメントと労働力管理, ブランドンホールグループ

ブランドン・ホール、当社グループの研究の詳細については、, ご覧ください www.brandonhall.com

コメントを残します